スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

終了

今日は千曲中央病院の通院の日だった。
やっぱり朝からどんよりとした天気~
朝起きたら、もう7時を回っていた。
やばい!今日の予約は9時半からだ!
あわてて着替えて、トイレにより(ウンチ)途中でガソリンを入れていった。
そこでもトイレを(ウンチの二回目)借りて準備万端で高速道路にのった。
お結びをかぶりついて、野菜ジュースを飲んだ。
病院に着いたのは9時を過ぎていた。受付を済ませるとリハビリに行くように言われた。
また計測かな?だいたいのパターンは見えていた。
左右の肩関節の可動域の測定と筋力測定だ!
可動域は自分で最近やっていないので自信がなかったが、筋力測定は自信があった。
結果はグット!筋力はかなり着いている!
測定後に診察があった。結果・・・・本日をもって終了!ということになった。
考えてみれば、4月から今日まで長い間よく通ったし、よく頑張ったな!
入院もして大変だったけど、おかげで今があるし!
先生には感謝感激!です!お世話になりました!
ここの病院に再び来ることは・・・ないだろうな~と玄関を出た。
来たときは玄関に桜が咲いていたな~
今は葉が少し黄色になりかけており、気の早い葉っぱはもう地面に落ちている。
6っか月も経てば季節も変わるよ~

病院の前のローソンで焼うどんを買った。
ほかの弁当も気になったが・・・・そうなんです!カロリーを見てびっくり!
カツ弁当なんかは1300カロリーもあるんだよ~
ちなみに焼うどんは590カロリーです!
お昼を食べてから、せっかくなので上田城址を見て帰ることにした。
国道を南下して30分ほどすると看板があった。
城内の駐車場に車を止めて、カメラを持って早速出かけた。
復元された建物や当時からある建物もあったり
真田神社もあった。結構人が来ていたな~
散歩する人もいた。驚いたのは結構な年の人がギターで歌を歌っていたことだ。
天気も何故かよくなり青空が出てきた。

帰りは小諸から和田峠を越えて岡谷に出て国道を使って帰ってきた。
結構疲れたが、いい旅ができたよ!
上田城址 上田城址 上田神社 上田神社
スポンサーサイト

theme : 建物の写真
genre : 写真

line

結婚式

白馬高原協会で親戚の結婚式があった。雨が降りそうなぐずついた天気だ。
八時二十五分に駒ヶ根を貸し切りのアルピコバスで向かった。国道を通り伊那で二人を拾い、そこから高速に乗り松本駅まで行き、後は国道を通り目的地へ。到着したのがお昼頃だった!隣組の人はほとんどが知ってる人だから、挨拶が大変だったね!
一時に協会と言ってもチャペルだけどね~神様に祝福を受けて、誓いの言葉~今や定番だけど…やっばり日本式の挙式のほうが重みがあるな~
それにアッというまに終わりだよ~なんかつまんない!変わったことと言うと!愛犬が式場に結婚指輪を運んだことかな~ずいぶんと可愛がっているようだ!ロッキーを思い出すな!
式場からバスで数分の所に披露宴会場がある。やはり洋風の洒落た建物だー
人数の割りには狭いな!
お色直しはあったが、ドレスはそのままで、髪型を直した程度だー
料理は美味かった!出された食事は完食した。
ウエディングケーキは会場の外に移動して、集合写真の後に入刀した。
二人の生い立ちやメッセージは今はDVDで流れて来る!写真等を工夫して洒落ているな!
披露宴が終ったのは、夕方の五時前だ~当然家に着いたのが九時だった!帰りのバスはほとんど寝ていたよ~
松本で弁当が出たけど…あまり食べれなかった!カロリーオーバーだ!


theme : 今日の出来事
genre : 日記

line

懐古園 海野宿

おかしな天気から少し回復することを祈った。
高速道路を使って駒ケ根から岡谷まで行き、そこから新和田トンネルを通って小諸を目指した。雨は降りそうもなかったが、どんよりした天気は懐古園についても相変わらずだった。しかし、少しずつではあったが晴れ間が出てきた。
大きな駐車場へ入ったが平日とあって、観光バスが数台と乗用車が20台位停まっていた。
写真を撮るなら少ない方がいい!入園する前に大きな門がある。それは三の門で徳川家達(いえさと)公の筆になる「懐古園」の大額が掛かっている。シンボル的存在かな!早速パチリ!
園内は石垣が多く、また敷地も結構広いのには驚いた。そしてもっと驚いたのは、動物園や遊園地まであり、藤村記念館・郷土博物館・徴古館・小山敬三美術館などもある。見る者満載だ!
千曲川を望める展望台もあり、そこから偶然にも富士山の頂上が顔を出していた。ゆっくりと園内を歩きながら写真を撮っていると、園内の落ち葉を掃除している人がいた。秋がそこまで来ているんだなと感じる。
弓道場もあり、興味本位に覗いてみると女性が2人で弓を引いていた。かっこいいね~
懐古園を後にして次は、海野宿に行ってみた。それほど遠くない位置にあった。
そして天気も何故か快晴となっていた!
海野宿は、江戸幕府が佐渡で取れた金を江戸まで運ぶための中継地点として開いた宿場町です。格子戸のはまった家が続き、一階の格子戸のほとんどは明治以降に作られたそうだ。
観光客はほとんど見かけない。妻籠や馬篭宿のように賑やかさは全くない。ただ整然と街並みが並んでいる。
だからこそゆっくりとした時間が流れているような気がする不思議な感覚に陥る。
歴史資料館も民家を利用した飾り気のない素朴な感じがする。こんにちは~と声をかけてもなかなか出てこない・・・・でもおばちゃんたちの話声はするんだけど・・・何回か呼んでやっと出てきた~ 田舎だな~
道の片側には水路があり、柳の木がいい感じに植えられている。朝顔を軒下に植えている家が多い。
一日よく歩いた~いい運動も兼ねれたね~

懐古園 海野宿 懐古園 海野宿 懐古園 海野宿

theme : 風景写真
genre : 写真

line

スイカの名産地

朝からなんだかぐずついた天気だ~くもり
それでもウォーキングは欠かせないな。歩く人
傘を持って歩き出した。
緑の中を歩くのはいいもんだ~
でも、ところどころに・・・クモの巣が!
女郎蜘蛛っていうのかな?・・・
黄色と黒のマダラのやつ!ショック
見たくないけど目に入る~勘弁してよ~
だいたいコースが決まってきた。
早歩きで30分のコースだ!
毎日、朝晩にすれば結構体力増進になるな。

夜の7時から常会があった。10月6日に行われる秋祭りの演芸の出し物についてだ。
毎年、演芸は常会からYYクラブ(常会の中でも若い人たちの集まり)に委託されて行ってきた。今年は大勢の人たちに老いも若きも関係なくやってみようということになり、あらかじめ用意されていた「スイカの名産地」を行った。
こんな歌があるんだ~
よく聞くと・・・くだらない歌詞だな~(失礼)
小学生4人が指導の先生になってくれた。
大した振り付けではないのに覚えられない・・・
いい大人が20名あまり、泣き笑い苦労して振付を覚えている。
本番まで後3回、しっかり覚えないとな~子供に笑われな。
ワイワイガヤガヤ~楽しく練習ができたよ!



line

ウォーキング

ロッキーが亡くなってから丁度1週間になる。
あれから散歩は朝夕、私一人で歩いているが・・・ロッキーはいつも一緒だ。
最近、散歩でなくなってきている
なぜか・・・メタボリックシンドローム・・・気にし始めた!
ただのぶらぶら散歩でなくなってきている。
足をあげて手を振って!(ロッキーのときはリードが邪魔していた)
汗をかくくらいに歩いている。
今日の夕方は極め付けだ!
3キロくらいかな?早足で歩いたよ~
健康にいいかな?
会う人によく言われる!
あれ?犬は?
毎回の説明・・・少し悲しくなるな・・・

煙草も止めて(2006年5月26日)しばらくになるな~
そういえば先日、吸った夢を見た・・・さすがに味はしなかったな!
年はとりたくないが・・・健康でいたいよな~

赤そば
line

富士見高原

朝~駒ケ根の天気はうす曇りだった。
休みを利用して富士見高原にそばの花の写真を撮りに出かけた~
高速で約1時間の小淵沢に到着。高速の上からも蕎麦の花が確認できた。
ここで撮りたいという場所もなかったので、あちこち車を走らせた。
休耕田を利用しての蕎麦の栽培があちこちで行われていた。
稲の黄色とそばの白い絨毯のコントラストがなんとも言えない。
やや雲が多く絶好とまではいかないが、秋空らしい雲が季節を運んできている。
コスモスもところどころに咲いており、田舎の風景だ!
びっくりしたのが道路のすぐ横に、放し飼いの牛が居たんだよ~
カメラ目線でこっちを見ていた~
高原野菜もあったよ!キャベツにレタスなどが栽培されてた。
花の栽培もあちこちで・・・切り花用の菊が栽培してあった。
同じ長野県でも場所が変わると結構雰囲気が違うんだよね~
高原ということもあって、風は冷たかった~
きっと朝夕は長袖がいるんだろうな!

富士見高原 富士見高原

theme : 自然の写真
genre : 写真

line

今も一緒

朝起きてロッキーの散歩・・・・もうそれも出来ない
なんだか気が抜けてしまった感じだ。
毎日、決まった日課がなくなるのだから・・・
小屋から顔を出すような気がして・・・


夕方・・・散歩の時間・・・なんだか変だ。
ロッキーのお墓に手を合せた・・・
そのあと、いつもの散歩コースを歩くことにした。
メタボだから少しはあるかないと・・・

今日もロッキーと一緒に散歩だね。
心の中で一緒に歩こうよ!
ロッキー

theme : 今日の出来事
genre : 日記

line

永遠の友

十年の短い命だったけど、一緒に楽しく過ごせたよ。
ありがとう!ロッキー!
天国でも幸せに暮らしてね!

昨日の夕方の散歩のときに、やけに元気がなかった。
ゆっくりのそのそと・・・歩いていた。
どうしたんだろう・・・・
それでもウンチをして家に戻った。つらそうだ・・・
4時から仕事だったので、ご飯をやったが、臭いをかいでいるだけ・・・
いつもならパクツクのに・・・
おかしいなと思いながら家に入ると、親父が「ばあさんが指を切って救急車で病院にいった」
と言っている。立て続けに間が悪いな~と思いながら出勤した。
夜勤の休憩時間に動物病院に電話をかけて、朝一番で診察をお願いしておいた。
インターネットで調べたらゴールデンの寿命は平均10年だそうだ。
見た感じより案外年をとっていたんだな・・・

夜勤が終わり夜中の一時に帰宅して、さっそくロッキーに会いに行った。
ご飯は食べてない・・・・小屋からのそのそと出てきた。
頭をなでながら、明日お医者さんにいくからね・・・よしよし・・・と呟いて別れた。
私とロッキーの最後の言葉だった。

朝起きると虫が知らせたのか、なぜかロッキーの年が気になり、血統証を探したが見つからず
代わりにロッキーの子供のころの写真が出てきた。懐かしい・・・
母が起きてきた。左手の第二指・第三指の第一関節から先がなくなっている。
事情を聴き、右手でなくてよかった~指先でよかった~と思った。
父と母の車を取りに出か出た後に、ロッキーの小屋へ行ってみた。
ロッキーが小屋の前で横になっている・・・・
呼びかけても動かない・・・ロッキー・・・
死んじゃった・・・・
鼻から血が出ている・・・・おしっことウンチも出ている・・・
どうして?急に?なぜ・・・・
・・・・
そっと体に触った・・・もう硬くなっている・・・・
顔を撫でてあげた・・・今までありがとう・・・楽しい毎日だったよ・・・
10年間ほとんど毎日の朝晩の散歩・・・・
大好きなごはん・・・太い尻尾を振って喜ぶロッキー
いろんなことが・・・浮かんでくる・・・・
さよなら・・・ロッキー

お寺に電話をしてどのように葬っていいのか聞いてみた。
毎日一緒にいたのだから軒先でいいとのこと。
小屋の東の階段のそばのところに、父と息子とで大きな穴を掘った。
泣けてくる・・・・
ロッキーは体が大きいので1メートルくらいの大きさだ。
息子が自分の使っていたバスタオルを持ってきた。みんなでそれに乗せて運んだ・・・
安らかな顔をしている・・・
使っていたグローブとリードを一緒に入れてあげた・・・・
ほんとに最後の・・・・お別れだ・・・・
今までありがとう~ロッキー・・・さよなら・・・
少しずつ土をかけた・・・
石を置き、線香を立ててみんなで合掌した・・・・
それぞれの思いで・・・・

今・・・考えてみると、ロッキーは母の身代りになったのかな・・・
お寺のお大黒もそう言ったそうだ。
でなければ母はもっと大けがをしていたかも知れない・・・・
ありがとう!ロッキー・・・
決してお前のことは忘れないよ・・・
安らかに眠ってね・・・・さよなら・・・
ロッキー・・・
line

終了

長い間リハビリの先生にはお世話になりました!
生協病院で整形の出口先生に受診をした~リハビリの北原先生も一緒だった。
今後について話をしたが、後は筋力を着けるだけとなった。
肩の筋肉が腕の上ゲ方を忘れてしまったと言う事があらためてわかった!一ヵ月間しっかりリハビリしたかいがあった!
先生にもお世話になりました!
最後にリハビリをして帰って来ました。ありがとう!
戸隠高原
line

北信の高原

朝起きてロッキーの散歩をしながらお天気を気にしてた!今日は撮影日よりだ!中央道を北に岡谷~松本~長野~信濃町で下車した!そう、黒姫高原のコスモス園を見に来た!でも五分咲きなんだよね。それでもゲレンデのコスモスは青い高原の空の下で鮮やかに咲いていた。蕎麦の花やダリヤも園内で咲いている。せっかくなので、四人乗りリフトで山の中腹へ。さすがに涼しい風がふいている!桔梗の畑があり、観光で来ていたおばちゃんたちがはしゃいでいた!ここでもおばちゃんバワー炸裂していた。「花を踏まなければ入ったって平気だよ!」なんて言いながら記念撮影をしてるんだよ!馬鹿だね~
しかし初秋だね~ススキが輝いていた!
リフトで再び下界へ、冷たいヒンヤリとした風を受けながら。せっかくなのでソフトクリームを食べた!美味かったよ!
黒姫を後にして、戸隠高原に向かった。戸隠と言えば蕎麦だよね!当然食べたよ~こしがあり美味かった!
お蕎麦屋さんの近くに鏡湖があり、そちらに向かった。鏡の様な湖と言う感じ!紅葉の時は素晴らしいだろうな。絵を書いてるおじさんが居たよ。
その後は中社に寄ってお参り~御利益有るかな?とても大きな杉の木 黒姫高原のコスモス園 黒姫高原のコスモス園

theme : 自然の写真
genre : 写真

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ロキタマ

Author:ロキタマ
自画自賛へようこそ!

line
最新記事
line
リンク
line
カテゴリ
line
バナーリンク
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。