スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

終了

今日は千曲中央病院の通院の日だった。
やっぱり朝からどんよりとした天気~
朝起きたら、もう7時を回っていた。
やばい!今日の予約は9時半からだ!
あわてて着替えて、トイレにより(ウンチ)途中でガソリンを入れていった。
そこでもトイレを(ウンチの二回目)借りて準備万端で高速道路にのった。
お結びをかぶりついて、野菜ジュースを飲んだ。
病院に着いたのは9時を過ぎていた。受付を済ませるとリハビリに行くように言われた。
また計測かな?だいたいのパターンは見えていた。
左右の肩関節の可動域の測定と筋力測定だ!
可動域は自分で最近やっていないので自信がなかったが、筋力測定は自信があった。
結果はグット!筋力はかなり着いている!
測定後に診察があった。結果・・・・本日をもって終了!ということになった。
考えてみれば、4月から今日まで長い間よく通ったし、よく頑張ったな!
入院もして大変だったけど、おかげで今があるし!
先生には感謝感激!です!お世話になりました!
ここの病院に再び来ることは・・・ないだろうな~と玄関を出た。
来たときは玄関に桜が咲いていたな~
今は葉が少し黄色になりかけており、気の早い葉っぱはもう地面に落ちている。
6っか月も経てば季節も変わるよ~

病院の前のローソンで焼うどんを買った。
ほかの弁当も気になったが・・・・そうなんです!カロリーを見てびっくり!
カツ弁当なんかは1300カロリーもあるんだよ~
ちなみに焼うどんは590カロリーです!
お昼を食べてから、せっかくなので上田城址を見て帰ることにした。
国道を南下して30分ほどすると看板があった。
城内の駐車場に車を止めて、カメラを持って早速出かけた。
復元された建物や当時からある建物もあったり
真田神社もあった。結構人が来ていたな~
散歩する人もいた。驚いたのは結構な年の人がギターで歌を歌っていたことだ。
天気も何故かよくなり青空が出てきた。

帰りは小諸から和田峠を越えて岡谷に出て国道を使って帰ってきた。
結構疲れたが、いい旅ができたよ!
上田城址 上田城址 上田神社 上田神社
スポンサーサイト

theme : 建物の写真
genre : 写真

line

終了

長い間リハビリの先生にはお世話になりました!
生協病院で整形の出口先生に受診をした~リハビリの北原先生も一緒だった。
今後について話をしたが、後は筋力を着けるだけとなった。
肩の筋肉が腕の上ゲ方を忘れてしまったと言う事があらためてわかった!一ヵ月間しっかりリハビリしたかいがあった!
先生にもお世話になりました!
最後にリハビリをして帰って来ました。ありがとう!
戸隠高原
line

受診

朝から高速を走った。今日は千曲中央病院の受診日だからだ。
退院後の久しぶりの病院だ。車から降りると夏の暑さがドーンと襲ってくる。駐車したところは入院中に止めて置いた場所に偶然にも停められた。外来の受付を済ませるとリハビリに行くように言われた。懐かしい場所た~それに懐かしい顔ぶれ~
エレベーターで4階まで上がるとリハビリ室だ。しばらく待っていると、ここの職員で一番ハキハキとした人に測定をしてもらった。周りを見渡すと入院中に見た顔が何人かいた。
そのあとに筋力測定だ!結構辛いんだよな~思いっきり力を入れないといけないんだ~
測定後、入院中にお世話になったリハの先生にあってしばらく話をした。
リハが終了して外来で待つ。結構混んでるな~
久しぶりに院長先生に診ていただいた。先生から「結構難しい手術でしたね」と言われた。
そのあと腕を上げたりして見てもらったが、そのあといきなり診察台に横になるように言われた。ベットの下から3.5キロの鉄アーレを出して「これはアメリカでやっているやり方だが、人にやってもらうよりは自分で痛みが分かるのでやりやすいと思う」といい、ベットの上でちょうどボールを投げる格好をしてそこに鉄アーレを持たされた!・・・・・思わず「うわ~」と声が出てしまった!無理無理!重すぎる!すると先生が看護師さんに写真を撮るように言って、ポラロイドカメラで撮られた!「2キロでいいので是非これをしてください」と言われた。そのあと俊紀先生にも診たもらってくださいと言われ、中待合室でしばらく待った。
先生が手を持ち、「左でボールを投げる動作をしてください」と言いう。言われる通りにしてみると・・・・肩から指先まで痛みが走った!先生が言うには「今のところが筋肉に傷がついている場所です」「周りの筋肉をつけて強化することで痛みがなくなります」「とにかく痛く手も動かしていないと以前のように固まってしまいます」だって!
頑張らないとな~
経過をみるということで9月の終わりに予約をしてきた。
総合受付で生命保険の書類もお願いした。


猫じゃらし
line

明日

いよいよ入院が明日になりました~
入院の準備はまだ出来ていませんが・・・・
10日間の予定なので病院で洗濯すればいいかな~
今日、職場の皆さんに挨拶をしてきた
もちろん上司にもね~
全身麻酔で眠ってる間に終わってしまうようだが
後が・・・痛いわからんのかな?
未知の世界だ~

sKNA_6233.jpg
line

手術決定しました

梅雨の曇空を中央高速に乗っていつもの時間、いつもの場所に向かって車を走らせた。
少し違うところは、今日はクイーンに曲を聴きながら安全速度を守って行ったことだろうか!
ハードロックではあるがクイーンの曲はハードロックに聞こえない・・・ヘッドホン

心地よい音楽を聴きながら、予約時間より少し早めに千曲中央病院病院に到着した。正面受付の受付にカードを差し込むと整形外来の番号は39番だった。その紙をもって外来受付に行くと外来の患者さんに「今日は混んでいますので先にリハビリをしてきてください」と声をかけている。
やっぱり混んでるんだな~仕方ない!覚悟を決めるか!そう思い、ずーっと待つ、知らない合間に番号カードで鶴を折っていた。まー使わないからいいか!

さらに待つ!何となく眠くなる・・・でも気持ちが落ち着かないから・・・眠れない・・・
隣の品のいい女性はいびきこそかかないが・・・どうも熟睡している感じ!きっと疲れてるんだろうな~

さらに待つ!ようやく呼ばれたのが11時近く。と言っても中の待合室に呼ばれたからさらに待つことに・・・カーテンの向こうからは野球少年のバッチングのフォームについてアドバイスしている。普通の整形ではありえない光景ではないかな?やっぱりスポーツ外来だ。
ついに呼ばれた~カーテンを開けるとすでに院長が座っていて、検査・治療・手術の内容とかかかれた紙に肩の絵を描き「腱板に傷があるのでそれを内視鏡虫眼鏡で見ますね」といい、「水曜日が手術の日ですから後で相談してください」「そしてね・・・全身麻酔でやります。」などと簡単に説明をしてくれた。やっぱり手術なんだ・・・・どのくらいの期間なんだろう・・・
そう思っていると先生から「詳しい話は俊一にしてもらって~」と看護師に言ってカルテを渡している。
もう一度中の待合室で待つように言われ・・・また待つことに・・・となりの中年の夫婦が「今日は混んでるな・・・一時間も待ってるに・・・予約も何もないな~」と
再び名前が呼ばれた。初めてお会いする先生だ!どことなく院長に似ている。
早速診察をしてくれた。造影のMRIを見ながら「造影ではそれほど目立った傷は見られないが、肩峰下に傷がある可能性があるね」「少し見ますので上半身を脱いでください」と言われた。あれ~裸か~・・・あちこち腕を動かし写真まで撮られたよ!「かなり拘縮と痛みがありますね~」かなり痛いよう!
もう一度肩の絵を描き細かく説明をしてくれた。「すごく痛みのある人は、関節が狭くなり固まってしまう人が多い。こういう場合は部分的に切れている人が多く、いっそ完全に切れている人はあまり痛がらないんです」「部分断裂の場合、滑膜を切除するだけで痛みが消える人もいるんです」
「内視鏡で断裂を確認しますが、もしかしたら腱板を縫合するかもしれませんが、一応10日間の入院期間としましょう」「腱板を縫合すると3週間ぐらいに伸びてリハビリも大変になります」
以上が先生の説明でした。私はただただ・・・ハイとしか言わなかったな~びっくり
日程の調整を決めた。私からは先生の都合でいいですと言うと「じゃ10日に入院して、11日に手術しましょう。退院は21日を予定しましょう。ただ熱が出たりすると数日伸びますが」
内心・・・7日の野球の試合に出れるな・・・先生に聞いてみた。「いいですよ~なら
注射をしていきましょう!痛み止めと滑りを良くする注射です」そう言って消毒をしてから10CCぐらいの注射液を打ってくれた。「男性は注射が弱いんですよね~気持ち悪かった言ってくださいよ」え!泣き笑い涙ぽろり俺のこと見抜かれてるのかな?そう注射は大嫌い!
そのあと先生から「遠いところから来られているので、今日入院時の検査をしていきましょう」「それと手術までにできるリハビリをして教えてもらってください」「ゴムを使って簡単にできますので」そう言いながら 説明書に 入院7/10~21頃退院と書き、左肩腱板損傷・関節拘縮・滑膜炎と書かれた。あ~あ・・・入院か~でも短期間で済にそうだし!野球もできるから・・・いいか!
看護師さんから別室で入院のオリエンテーションを受けた。
入院のしおりと入院証書・手術の同意書と感染症検査同意書をいただきすべてにサインと印鑑を押してくること。手術当日は全身麻酔なので家族がきていること。
これが終わったら、入院時の検査をしてリハビリによっていくことなどを説明された。
なんだか・・・大変だわからん
看護師さんから「いつも飲んでるお薬はありますか?」と聞かれ、エパデールと鼻炎の薬を飲んでいることを伝えた。鼻炎の薬は良いがエパデールは3日より服用しないように言われた。
血液をサラサラにする薬は服用していると手術ができないらしい。
診察中に尿意がありトイレに駆け込んだ~あ~すっきり!!!!

術前検査
検査室に行って渡されたのが・・・尿のコップ! 泣き笑い
あ~出しちゃったよ~どうしよう~絞り出すか!
トイレの中で尿意と格闘をした末・・・ちびっと・・・出た!
申し訳ないように提出・・・「大丈夫ですよ!少しあれば」そのあとオーライです!って!
次に待っていたのが・・・大きらにな採血!あ~いやだな~
右側のいて番太い所を・・・グサリ!・・・痛い~顔はフォーカーフェイス大笑いで心で大泣き号泣
次に耳たぶから血液の凝固時間を計った。これも緊張したよ。痛いんだもん!
血液の検査が終了して次に心電図の検査。あっというまに終了した。
次に呼吸器の検査。以前にもやったことがあるが・・・これは苦手!「息を吸って~~~~吐いて~~~~~」冗談じゃない!そんなにはけないよ!おまけに最後に咳き込むし!唾が変な所に入ったぞ~~ゲホベホ・・・
迷路を歩いてレントゲンで胸部の写真を撮った。技師さんに左肩を下げるように言われた。気にしていなかったが何だか肩が上がっている・・・癖かな?
無事ではないが、検査は終了は終了した。
次がリハビリ~
大きなベットに吸って、女性の理学療法士さんからいくつかの質問と肩の計測をしてもらった。そこに男性の理学療法士さんが来た。
?なんだかこの二人・・・仲いいな・・・?雰囲気いいぞ!
計測終了!かなりの拘縮と痛みがあると言われた。痛い時はお尻が中に浮いたもん!痛いさ!
その後、家でできるインナーマッスルの筋力アップを伝授してもらった。
黄色いゴムを790円で購入~安いもんだ!色によって硬さがあるようで黄色が一番柔らかいらしい。3パターンを3クールで!説明書も頂いたよ!
OPまで後3週間!がんばるぞ~

このころになるとお腹もすいてきた。もう1時半時近くになっている。
会計に行くと熟睡していた品の良い奇麗なおばさんが会計を済ませて出て行った。この方も長い一日だったのでしょうね~
お互いお疲れ様でした!スマイル
途中、職場に電話!ちょうど野球部のキャプテンが出た。7日は試合に出れることと、入院期間を上司に伝えれほしいことをお願いした。
期間がはっきりしたが、いま一つ心配は・・・全身麻酔の時の・・・・尿の・・・管・・・
あれは・・・・嫌~だ~!


ウツギ
line

心配事

千曲中央病院に今後の事(手術を含む)について聞きに行くのが後1週間となった。
肩関節が拘縮してきたのか、今まで痛くなかった動作でも痛みを感じるようになった。
号泣
痛くても少し動かした方がいいのだろうか・・・歩く人
今日、とある麦畑へ写真を撮りに出かけたが、カメラを構える動作でも違和感を感じた。
入院はどのくらいするんだろう?
ネットで入院期間を検索しても1週間~4週間ぐらい・・・
もちろん個人差によって違うとは思うけど・・・は~・・・ため息ばかり・・
校舎と桜
line

次回に持ち越し

今日、予約通に更埴の千曲総合病院に行ってきた。7時に家を出て高速に乗り、安全運転の80キロで走って行った。ここ何回か走っているのでそんなに緊張はしないが、今日の結果を聞くのに・・・車を走らせやっぱり緊張する。
病院には余裕で到着!受付を済ませて待合室で順番を待つ・・・今日もやっぱり混んでいるな~。相変わらず学生や御老人が多いが、その中で両手に杖を持ち歩いているじいちゃんがいた。車いすを使わず頑張っている姿を見ると胸が熱くなる。
名前が呼ばれ中の待合室でさらに待つ・・・・隣に高校生だろうか・・・サッカーの話を教師?と話している。待つこと15分意外に早く診察室に呼ばれた。
自分のカルテが机の上に置かれている・・・なんて書いてあるんだろう・・・先生が来るまでじ~と見ていたが・・・わからない。院長が来た!
「どうですか?痛みは」「ええ・・・相変わらずです」
「こうやって腕を広げてみて?」「はい・・」
「う~ん、ここがね~切れてると造影剤がこっちに出てくるんですよ~」そう言って肩の関節を書いた紙を持ち出して赤い鉛筆で書いて説明をしてくれた。
院長が「MRIの写真出して~」と看護婦に言っている。すぐには出せないようで、先生は、「じゃー先にリハビリの測定をしてきてもらうか」といい用紙に何か書いていってしまった。看護師からその用紙をもらい、リハビリ室に向かった。
リハビリ室は4階だったので近くのエレベーターに乗り、4階を目指した。降りてみつと、そこは院長室とか相談室とか書いてあり、人の気配は全くないし、以前来た時と雰囲気が違う・・・エレベーターを間違えたようだ。でもリハビリ室は4階にあるんだから歩けばそのうちわかるわ!とすたすた歩き、それらしき一枚のドアを開けてみた。当たり~たどり着いた~でも職員の通用口みたいなところだったので、そこにいた人に変な眼で見られた・・・笑ってごまかした。中にはやっぱりスポーツマンらしき人がリハビリをしている・・・私の勝手な想像かもしれないが・・・。
名前が呼ばれ大きな台に座りいくつかの質問をされた。
「運動は何をされてますか?」野球です
「痛いほうは左ですね」はい。
「野球をやっていて能力的には落ちていますか?」はい・・・
「どういう時に痛みますか?」捕球するときに・・・こうして・・・こうした時に・・・
そんな会話をしていよいよ測定に移った。
「両手をあげてください」あれ~左が・・・
「両腕を開いてそのままの位置を保ってください」あれ~左が下がる・・・で・・・痛い・・・
「小さく前にならえをして腕を開いてください」・・・・痛い・・・
「背中に腕をやって親指がどこまで上に行くか・・・まず右から」・・・右も硬いからな~・・・
「次、左」・・・上がらねし、痛いよ~
すべての計測が終わった。リハビリの受付で紙をもらい外来の受付にそれを出し、また呼ばれるのを待った。
しばらくして名前が呼ばれた。すぐに先生がきて「やっぱり点数が落ちてるね・・・」NRIの写真を見ながら、看護師に「これと、これをコピーしておいて!○○先生にも診てもらわないと・・・」といいながらカルテに横文字を書き込み、赤い付箋を貼り付けそこにも何か書いている。さっきの肩の紙を持ち出し「ここが破れていると肩を動かす液体がこっちに流れ出し医学用語で『油が凍る』っていうんですが、要するに固まってしまい肩が動かなくなるんですよ。ですから関節の洗浄をしないといけないんです」「この紙は上げますから持っていってください」と渡された。「とりあえず横になったください。溶かす薬を注射しますから」と言い、ブスリと肩に注射をされた。
その後よくもむように言われ「6月19日にもう一度お話しますから」と言われ、???何の事?っと思っていたら、看護師が「この日にもう一人の若先生も来て手術のことも含めてお話します」と言われた。
あれ~やっぱりオペか~やるならやるでバッサリやっておくれ!
会計を済ます間に思ったのが、某総合病院の医者の事だ!あいつがもっと早く造影剤をつかるなりして診ていてくれらば、こんなにかからなかったのに!・・・・でもそんな医者にオペしてもらうのは・・・嫌だよな!ある意味こっちの病院に来て正解だったよ~!時間もお金もかかったけど!
会計が澄んで、近くのコンビニでお結びを二個とチキンの唐揚げとお茶を買って、千曲川の河川敷に行って食事をした。薄日が射しちょうどよいお天気だ。最初に来た時は桜が咲いており、こんなに緑もなかったのに、今では青々した緑に覆われている。時間のたつのは早いもんだ。

line

MRI検査

高速に乗って千曲総合病院に行った。今日は造影剤を使ったMRIの検査の日だ。なんだか今日はすごく混んでいる待っている間患者さんたちを見ていると、こちらの方々は背の高い人たちが多いことが分かった~なんでだろう~高校生はわかるが中年層の方たちもやたらと背が高い・・・?。
血圧測定に行ったが・・・今日は何と158/102もあった!え~緊張してるな~Nsさんが「高いですね~」というため「何時もこんなんです~」と答えておいた。熱が36.8これもいつもより高い・・・過度の緊張による発熱なのか~???。
受付をすまして待っていると名前が呼ばれレントゲン室に案内された。検査着に着替えレントゲン台に横になった。肩の部分には紙シーツが引いてある。体を斜めに傾けるように言われ、その指示に従った。「消毒しますね~」とNs。きっとイソジン消毒にパイポアルコールで消毒したのだろう。こうなってくるとどうにでもしてくれ!という気持ちになるのが不思議だ。鉛の前掛けをして先生が来た。「注射しますね~」。自然と体に力が入る。グサ~!!キシロカインの麻酔だろーか。これが痛いのなんのって!麻酔なのに痛いの????その後造影剤の注入が行われた。痛~~~~~い!顔を思わずしかめると・・・やっぱりNsさんだね~「大丈夫ですか?」なんて聞いてきた。人間てへんだよね~「思わず大丈夫です」と答えでしまう。
数枚のレントゲン写真を撮影後、先生が私の腕をまわした・・・痛~い!
終了後、左腕を何回か回すように言わた。造影剤が浸透するんだとか。
MRIの部屋に誘導され、金属がないか点検された。MRIは何回か経験があるので要領はわかっていた。あのケタタマシイ音でもウトウトしてしまう~終盤に差し掛かったころ、喉がいがらっぽくなり、どうにもこらえきれなく・・・せき込んでしまった~ま~いいか!
30分もしただろうか・・・ようやく解放された。
あとは診察だけだ。結果はどうなんだろうとヤキモキしながら待っていたが、待てど暮らせどなかなか呼ばれない。患者の数も結構いる!混んでるな~
さんざ待ってようやく中間の待合室に呼ばれた~わ~もう直だ!緊張するな~なんて言われるのかな~
だが・・・・それからが長かった。変なおじさんが診察室を占領しているようだ。さんざ待たせれての苦情だろうか。看護師が対応しているが、「お前は看護師を何年やっている!」「医者を呼べ!」「こんなへぼったれ病院はだめだ」など悪態をついている。患者の人権は確かにあると思うが診察室で大声を張り上げて、看護師を威嚇して・・・あんた何さま?こういう患者は医者が来ると態度がころっと変わる・・・そう思った。ガーガー言っていると医者が来た。思った通りだ~口調は強いが医師の説明にどうもへコヘコしている。数分で終わってでていった。
名前が呼ばれ中に入った。医者はまだ隣の診察をしている。Nsが先ほど撮ったMRIをシャーカステンに貼っていた。・・・・・・・わからん・・・もちろん医者でないのでMRIの画像などわかるはずもない。白く映っているのが造影剤だろう。
先生が来た・・・・何も言わず・・・しばらくMRIを見ている。まだ何も言わず・・・今度はカルテを見ている・・・・????
「いつ頃からだってっけ!」「昨年の11月です」
「野球?」「いえ~転んだんです」カルテに転倒と書いている。
「これがね・・・・怪しいんですよ」「はあ・・・そうですか」
「長野からね~これだけを見に来る専門の先生がいるんでね~その先生と相談して見ますね」「はあ」
「じゃ~29日に来てください。その時にお話します」「わかりました。あの~スポーツはやっていいですか?」
「競技は?」「野球です」「投げるほうは?」「右です」「いいでしょう~」
やった~好きな野球がまたしばらくできるぞ!
「痛み止めを出しておきますね」そう言い残し先生は次の患者のところへと行ってしまった。看護師から薬の説明やら次回の時間やらを決めて終了~!
時計を見ると・・・・13時をすでに回っていた。おなかがすくわけだ~
結局、次回に持ち越しとなってしまった~長い一日だった。
りんごの花

theme : 自然の写真
genre : 写真

line

明日の検査

いよいよ検査が明日に迫った!結果はどうなるんだろう?
痛みは相変わらずあるし、最近気づいたが左の腕が痛みでしっかり上がらなくなっている。
ネットで腱板損傷や腱板断裂を検索してみると驚くほど出てくる。症状は断裂ではないので腕は上がる・・・つまり損傷という部類になるのかな?あとはその程度がいろいろあるし、腱板でも四つの腱が合体しているので、自分がどれに当てはまるんだろう?明日の結果次第・・・だな~!
OPになったら当分写真も撮れないだろうと思い、午前中の風のない時間に若葉を撮りに行った。普段何気なく見ている木々だがよーく見るといろんな表情があることに気づく。木々によってみんな色が違うし、見たこともない花が咲いていたり・・・感心しながら最後?の撮影をした。

りんごの花
line

痛み

昨夜、肩の痛みが特に強かった。
先日の剪定が祟ったのかわからないが、動かさなくても強い痛みだった。
でもあまり左手は使わなかったのに・・・腱板損傷か・・・

花
line

受診

左肩を痛めたのは昨年の秋だった。紅葉を撮りに小黒川渓谷に行った時だった。渓流と紅葉を納めようと思って・・・。川にはすでに枯葉が落ちており、石の上もかなり堆積していた。石の上を歩いていると・・・ズルッと靴が滑った!とっさに左手に持っていたカメラを守ろうと肘から落ちた!いあた~・・・肘の二か所から出血が!長袖を着ていたがどうやらかなり強く打ったらしい。車に戻り絆創膏を何枚も貼り付け応急処置を施した。これで帰るもしゃくに障る !そう思って今度は入笠山へ行って写真を撮った。もちろんHPにアップしてある。そんときは肩の痛みなんて何にも感じなかった。ま~少し打ったから多少は痛いのかな~ぐらいに思っていた。それから数日して・・・夜中に肩が痛くなることが何回か有った。そして腕を上げるときに痛みが・・・・これもなんか捻ったからかと思っていた。それから一か月しても一向に良くならない・・・一度整形にかかってみるか~ということでかかりつけの整形にいってみた。DrからすぐにMRIを撮りに○○病院に紹介しますと言われ・・・言われるままに・・・受診。結果・・・大丈夫でしょう~様子を見てください! と言われた~いつものパターンだった。
それから約5か月が経った・・・まだ相変わらずの痛みが・・・もちろん左を下にして横になることはできないし、腕を並行にすると痛む、つまり・・・腱板断裂の症状。
ある方が千曲中央病院を紹介してくれた。専門的に診てくれるということだ。そこに行ってこれ以上仕方がないと言われればこの痛みとお付き合いをしていくしかないか!と思い、意を決して受診することにした。
今日の7時!わ~遅くなちゃった!病院まで2時間もあるので早く行かないと!寝坊したんです。ロッキーの散歩もできず取り合えず保険証とお金と・・・カメラを持ち、食事もせずに家を飛び出した。途中でお結びを食べて、サービスエリアでウンチをして、一路更埴へ。
病院はインターを降りてじきに見つかった。初診の受付に多少の時間がかかった。外来の受付で「遠くから来られましたね。紹介ですか?」と聞かれた。問診表に症状を記入してから、レントゲンに呼ばれた。パシャパシャ数枚を取ってから外来で待つこと半日(予約してないから)診察が始まった。腕を上げるとやはり痛みがある。Drいわく、写真は見方によっては見落とすからね~と。結局造影剤を使ったMRIをすることになった。2%のキシロカインで肩に注射を行ったが痛みは変わらない。5月9日に日が決まった。
その後、リハビリ室に行き腕の屈曲の測定を行った。そこにはお相撲さんが居たよ!でかかった~
病院から出て、目の前にコンビニがあった。目に入った牛丼をとお茶を手に取り、近くの公園に移動した。すごい桜が咲いている。ラッキー!!枝垂れ桜は満開でほかの桜は散り始めていた。隣のグランドのベンチ周辺に桜の花びらが・・・一面に広がっていた。ここでやっぱりカメラマンに変身してしまった。周辺の桜をパチリ!ゲット!冷めないうちに牛丼もゲット!風が吹くと花びらが渦を巻きながら飛んでいく!あ!と思いカメラを構えると・・・・風がやむ・・・悔しい!
それから少し車を走らせると桃の花が真っ盛り~でゲット!晴れていれば・・・と思うが、こればかりは仕方ない、午後から雨だと言っていたのに曇りだったのが幸いした。
この日、夕方には雨が降り出した。あの公園の桜もきっと雨にぬれているだろうな。




sKNA_5665.jpg
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ロキタマ

Author:ロキタマ
自画自賛へようこそ!

line
最新記事
line
リンク
line
カテゴリ
line
バナーリンク
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。